松平勝男さんのドイツ語学習勉強法,10倍速ドイツ語脳育成プログラム

10倍速ドイツ語脳育成プログラムをもっと生かすために

10倍速ドイツ語脳育成プログラムでドイツ語を学ぶことで、

 

あなたがドイツ語でドイツ人とコミュニケーションができるようになったとします。

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラム

 

 

でも、ドイツ人と何を話せばいいか、話題がなければそもそも会話になりませんよね。

 

同じ日本語を話す日本人同士でも、会話にならないこともあります。

 

では、ドイツ人はどのような会話をすると会話が弾みやすいのかというと、

 

それはやはり“サッカー”です。

 

 

ドイツには、プロサッカーリーグのブンデスリーガがあります。

 

このお話は他の記事でもしたのですが、サッカーを知っておくとドイツ人は喜んで会話してくれると思います。

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムでドイツ語を学び、サッカーの話題で盛り上がれば、

 

きっとドイツ人と仲良くなれるでしょう。

 

 

サッカーはヨーロッパ全体で人気のスポーツなので、ドイツ以外でも通用しますよ。

 

 

まず、ブンデスリーガ1部リーグは、ドイツ各地に18チームあります。

 

ドイツのどこの地域に行くかによって、地元のチームが変わりますので、

 

グーグルなどで

 

「ブンデスリーガ 順位」などと検索し、

 

行く地域のチームがないか調べてみましょう。

 

一番有名なのはバイエルンミュンヘンです。

 

このチームは、日本の野球でいうと巨人みたいなチームです。

 

世界中から選手があつまり、ヨーロッパチャンピオンズリーグでも優勝している超名門チームです。

 

 

他には、ドイツの首都ベルリンにある、ヘルタ・ベルリンというチームがあります。

 

こちらには、日本代表の原口元気選手が所属しています。
(※所属チームは記事を書いた時点のものです)

 

 

世界で一番の観客動員数を誇るのが

 

ルール地方のドルトムント。

 

1試合平均で8万人を超える観客を動員します。

 

香川選手が所属しているチームですね。

 

そしてそのライバルチームのシャルケ04には、

 

内田選手が所属しています。

 

ドルトムントが黄色で、シャルケ04は青色です。

 

 

他にも、ほとんどのチームに日本人選手が所属したことがあります。

 

現在は、

 

マインツには武藤選手、

 

ケルンには大迫選手、

 

アウクスブルクには宇佐美選手、

 

ハンブルクには酒井高徳選手、

 

フランクフルトには長谷部選手などです。

 

 

 

過去、日本人選手が在籍したことがあるチームは

 

「チーム名 日本人」

 

と検索すれば出てきます。

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムをもっと生かすためには、

 

ドイツ人が喜ぶ内容の会話をするのが一番です。

 

 

ソーセージ、ビールだけでは会話は続きませんが、

 

サッカーの話ができるようになれば、一気に話が盛り上がります。

 

 

今回は、直接10倍速ドイツ語脳育成プログラムと関係のない内容でしたが、

 

知っていれば得する内容なので、是非とも参考にしてくださいね。

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラムに付くこのサイトからの紹介者特典はこちら

 

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラム