松平勝男さんのドイツ語学習勉強法,10倍速ドイツ語脳育成プログラム

10倍速ドイツ語脳育成プログラムのデメリットは!?

10倍速ドイツ語脳育成プログラムのデメリットを考えたときにいくつかのことが思い浮かびました。

 

まず、10倍速ドイツ語脳育成プログラムのページのヘッダー部分である

 

10倍速ドイツ語脳育成プログラム

 

「わずか76日でドイツ語をマスターした方法があります」

 

と書かれてある部分です。

 

この文を見て、「そんなはずないでしょ!」と思う人と

 

「そんな方法があるならばやってみたい!」と思う人に分かれるでしょう。

 

 

個人差はありますが、ドイツ語の基本会話までは、教材をしっかりやれば76日で習得することが可能だと思います。

 

資格試験の勉強にも向いている教材です。

 

マスターというのが、「ドイツ語で論文を書く」ということであれば難しいでしょう。

 

しかし、ドイツ語の基本会話までならば到達することが十分可能です。

 

 

これらのことをふまえて、10倍速ドイツ語脳育成プログラムデメリットは、

 

「76日でドイツ語をマスター」という部分ばかりを鵜呑みにしてしまい、マニュアルでしっかりドイツ語を勉強しない人がでてきてしまうことかもしれません。

 

1日数十分の勉強時間も取らず、気が向いたときにさらっとドイツ語を勉強するだけでは、いくら「10倍速ドイツ語脳育成プログラム」という教材が優秀だとしても、76日でドイツ語をマスターすることは到底できないでしょう。

 

松平勝男さんの外国語学習は「楽しく続けられ、かつ他の教材よりもすごく効率的な勉強法」として有名です。

 

モチベーションが問題になることは考えずらいですが、

 

あぐらをかいて76日間過ごしても、ドイツ語をマスターすることはできないでしょう。

 

なので、10倍速ドイツ語脳育成プログラムデメリットは、76日後という言葉を鵜呑みにしてしまう可能性があるということでした。

 

参考になれば幸いです。